クレジットカード:銀行系クレジットカード

「クレジットカード:銀行系クレジットカード」の有益情報をお届け!

クレジットカード:銀行系クレジットカード.com

銀行系クレジットカードと申し込み







クレジットカード会社と銀行の提携

クレジットカード会社と銀行の提携

クレジットカード会社と銀行の提携
クレジットカードなどのリテール業務に関しては、従来の銀行に全くないノウハウが必要といえます。しかし、この金融自由化の波の中で銀行が生き残っていくためには、収益のあがる見込みの高いクレジットカードなどのリテール業務は避けて通れない道でしょう。そこで、銀行は業務提携・資本提携という手段を使ってクレジットカードなどのリテール業務に進出することにしました。銀行にとって自分の弱点であるリテール業務への足がかりができるのは大きな意味がありますし、また提携先のクレジットカード会社としても低金利の資金供給先として銀行が名乗りをあげたことは喜ばしいことといえます。銀行の生き残りは、今後クレジットカードをはじめとするリテール業務でどれほど成功を収めることができるかにかかっているといえそうです。

クレジットカードと銀行2金融規制緩和

クレジットカードと銀行2金融規制緩和

クレジットカードと銀行2金融規制緩和

しかし、銀行が本気でクレジットカードに取り組めば、クレジットカード会社や信販会社などのノンバンクでは太刀打ちできないほどの強いシェアを獲得できる可能性を秘めています。なぜなら、銀行はクレジットカードの最終決済ができる個人預金口座を持っているからです。
もっとも、今現在、銀行がどの程度本気でクレジットカードに取り組もうとしているのかは依然不透明なままです。2004年4月には、金融規制緩和により、銀行の「割賦購入あっせん業者」(クレジットカード発行業者)の登録が開始されましたが、クレジットカード発行できる登録をすませた銀行は、東京三菱銀行を含めわずか10行程度しかありません。メガバンクである三井住友銀行やみずほ銀行は、まだ本体でクレジットカードを発行していません。(三井住友銀行は、関連会社の三井住友VISAカードでクレジットカード業務を行っています。)

クレジットカードと銀行1銀行とリテールの歴史

クレジットカードと銀行1銀行とリテールの歴史

クレジットカードと銀行1銀行とリテールの歴史

クレジットカードの発行などを主な業務としてきたカード会社や信販会社などのノンバンク。クレジットカードとノンバンクの歴史は意外と浅く、銀行はそれと比べものにならないほど長い歴史を持っています。しかし、銀行はその風土がまったくリテール向きにはなっていないといえます。
例えば、かつての大学生にとって銀行は花形の就職先で、銀行へ勤めて大企業相手の取引を数多くこなすことが出世コースでした。入社後、運よく法人担当になればそのまま出世コースへ。これに対して、銀行の幹部がリテール業務の出身者であることはほとんどありませんでした。
もちろん、銀行がまったくリテール業務に取り組んでこなかったわけではありません。かつては、日常の買い物向けの小切手のようなものを出したこともありますし、カードローンを取り扱ったこともあります。しかし、どれも一時的なもので、本業の法人営業が盛業になるといつのまにか消滅してしまいました。

銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカード

クレジットカードの発行は、これまでカード会社、信販会社などノンバンクの業務とされてきましたが、金融の規制緩和と銀行のリテール業務への本格的な着手とともに、日本でも、クレジットカードを発行する銀行が増えてきました。現在の金融業会の中で、銀行預金は貸付を上回る「預超」現象となっています。
そんな中で銀行も必然的にリテール(個人顧客)に目を向けなければならなくなっています。つまり、銀行が収益をあげるには、個人が口座にもっているお金を対象にするのが現状では手っ取り早く収益を上げる方法になっている、ということになります。その一つの方法が、クレジットカードを発行し、利用してもらうことになるわけです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。